都市大学等々力進学 C君のお母さんの受験体験記2017

小学校4年生の秋頃でしょうか。
学校の宿題の割り算が解けずに家で泣いている息子にびっくりして、初めて学校の授業についていけていないことに気づきました。
塾に行っている子が半数以上いるクラスの中で、すべて初めての学習内容である息子は「わかりません」「もっとゆっくり教えてください」などとは言えるわけもなく黙っているだけの日々だったのでしょう。
兄と同じ公立中学に行かせるつもりだったのですが、受験するしないは別として、学校の学習もつまずいているような子供にもきちんと丁寧に教えてくれる塾はないだろうか、と焦って探し始めたのが塾探しのきっかけでした。

兄や姉の経験から、大手の塾は自分できちんとできる子でないと厳しいことや、先生がコロコロ変わるため生徒の本質を見抜けないところが多く、私としてはそこは却下。
とにかく塾選びが成功のカギ、と思っていたため、私も必死でした。
加えて、自分で計画を立て、どういう勉強をすれば点数が取れるようになるのかがわかるようにならなければ、いつまでたっても勉強できるようにならないのでそれを指導してくれるようなところ。
親が勉強をみたり、宿題や学習内容を親が管理して二人三脚で頑張る、ということは絶対にしたくない、という私の贅沢な願いもあり・・・
そしてその願いをかなえてくれそうな塾にヒットしたのが伸学会でした。

結果、私の塾選びは大成功でした。
小6の夏休み前まで土日祝日は野球をしているわが子でも、学年が上がるにつれて少しずつ成績が上がり、行きたい中学校に合格できるまでになりました。
勉強しなさい、と言ったことも、子供の勉強内容チェックしたこともなく、したことと言えば朝仕事に行く前に塾弁当をつくることくらい・・・。
もちろん志望校選びにあたっては私と息子の直観を大事にし、数校に通って決めましたが、最終的には子どもの意思を尊重して選ばせました。

息子は最初から最後まで伸学会大好きでした。
先生と仲間に恵まれ、体調不良で学校を休んだ時も「塾はいきたい」と言っていました。
小6夏くらいからは家庭学習の時間も増え、ちゃんと勉強するのか不安に思っていたところに「Zoom」という救世主があらわれました。
Web会議システムを使って教室と家をつないで、みんなの様子がわかるなかで家庭学習でき、毎朝自分で6時半には起きて仲間と勉強していました。
受験前も、受験期間も、先生方に支えられ、仲間と励ましあい、勝手に乗り切ってくれたかんじです。
初日の第一志望に落ちた時も、帰りの電車で「お母さん、僕は大丈夫だから心配しないで」と逆に子供に励まされ、わが子の強さに驚きました。
伸学会での受験勉強を通して、人間的にも成長してくれていたのですね。
温かい信頼関係の中で安心して勉強でき、それが支えと強さになって、まわりにも優しくなることが出来る子になったのだと思います。

伸学会の先生方、仲良くしてくれた同期の仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました!

 
———————–
担当より

体験記ありがとうございました!

野球と両立しながら、しっかり勉強も頑張ってくれていましたね。
コツコツ勉強して、着実に成長してくれて、見ていて頼もしかったです。
中学校になってからの活躍にも期待しています(^^)

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■LINE@始めました。コラムの更新情報などをお届けしています。
友達追加:自由が丘校
友達追加:目黒校
※どちらも同じものが届きます。違いはアクセスマップだけです。

■資料請求・無料体験のお問い合わせはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

その他の生徒・保護者様の声はこちらです
都市大学等々力進学C君の受験体験記(2017)
都市大学等々力進学C君のお母さんの受験体験記(2017)
昭和女子大学付属昭和中学校Bさんの受験体験記(2017)
海城中学校進学A君の受験体験記(2017)
頌栄女子学院中学校進学Cさんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君の受験体験記(2016)
攻玉社中学校進学G君の受験体験記(2016)
高輪中学校進学F君の受験体験記(2016)
国学院久我山中学校進学E君の受験体験記(2016)
かえつ有明中学校進学D君のお母さんの受験体験記(2016)
頌栄女子学院進学Cさんのお母さんの受験体験記(2016)
学習院中等科進学B君のお母さんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君のお母さんの受験体験記(2016)
麻布中学校進学 K君の受験体験記(2015)
香蘭中学校進学 高橋さんの受験体験記(2015)
横浜共立中学校進学 Yさんの受験体験記(2015)
目黒校保護者様の声(2015年5月)
自由が丘校保護者様の声(2015年5月)