頌栄女子学院進学Cさんのお母さんの受験体験記

頌栄女子学院進学 Cさんのお母さん

 伸学会に6年生の1年間お世話になり、娘は希望していた進学先の一つに進むことが決まりました。4月からの中学校生活にワクワクしている彼女をみて、こちらもワクワクしています。
 6年で転塾する際には、大手塾の幾つかも選択肢にありました。しかし、いろいろ比較した時に、伸学会に『理にかなったさまざまな学習の仕組みと、それを支える顔の見える先生方の熱意、試行錯誤しながら子どもたちの学びに少しでも良いものを取り入れようとされる姿勢』を感じたのが入塾の決め手になりました。こうした環境で受験前の大事な1年間を過ごせたことを、とても感謝しています。

 私自身の経験もあり、中学・高校時代を過ごす環境、友人の存在は重要だと感じ、中学受験させることを決めました。特に一人っ子でもあり素直なタイプの娘は、置かれた場によって本人のその後の有り様にも大きな差が出るだろうと考え、彼女の良さを活かし伸ばせるであろう環境を探し、さまざまな学校を見て志望校を決めていきました。尾本先生ともご相談させていただきながら、最終的には2月1日からの5日間で5校。いわゆる模試の偏差値で見れば20近い幅はありましたが、どの学校に決まっても、そこで娘が充実した6年間過ごせる学校を選べたと思います。
 中でも娘が熱望した1日校については、早い段階から個別指導で対策を考えてくださって、特に入塾時には苦手だった算数を1年かけて「算数が好きになった。中学での数学がすごく楽しみ」というまでにしてくださいました。個別で教えていただいた大学生講師の先生方のお一人お一人が、娘にとっての身近な憧れの先輩たちとなったことも、とても良い影響だったと思います。

 模試の点数には一喜一憂はせずにと娘にもずっと言っていましたが、実は11月のサピックスの学校別模試での結果を見て、親としては迷いがでました。本人が熱望している学校はこのままだと合格可能性は決して高くない、他のもっと合格可能性の高い志望校の1回目の試験を受けた方が良いのではないかと思ったのです。しかし、先生方にご相談することですぐに迷いは消えました。何より嬉しかったのは、先生方が娘のことをよく見てくださって、その努力や成長ぶりを評価し、チャレンジを応援してくださっていることでした。
 受験間際になり、娘は「受験が楽しみ!塾はずっと楽しかったし、受験勉強が楽しいから、これで私は中学受験の50%の目標は達成したね。」と言い、驚くと同時に嬉しく思いました。

 いよいよ始まった2月。毎日試験が終わった後には必ず塾に行って、さまざまなサポートをしていただきました。特に、楽しく試験を受けられ、本人なりに手応えを感じた熱望校にご縁がなかったことがわかった2日。他にご縁をいただいた学校の良さはわかっても「今までで最も辛く悲しい。もうあの学校で6年間過ごすことはできないんだね」と号泣した娘ですが、尾本先生と話すことで気持ちを立て直すことができました。泣きすぎて埴輪のような顔になってしまった翌朝も、わざわざ応援に来ていただいて、笑顔で試験に臨むことができました。
 そして本人が2番目に行きたかった5日校。朝、まさかの被り物をした菊池先生に応援に来ていただいたことで、力まず、いつも通りの力を発揮出来る良い状態になることができたようでした。学科試験後、親子面接があったのですが、そこで「受験勉強は楽しかったし、その経験を通して、わからないことがわかるようになる勉強が好きになりました。」と心から答えている娘の成長に驚かされました。中学受験の残りの50%も達成したように思えました。娘はまた「残念だったけれど、1日校への勉強を一生懸命してきたことが5日校の合格につながったと思うから、無駄なことは何にもないんだね」とも言えるようになっていました。

 娘にとって中学入試がゴールにならず、勉強そのものの楽しみを知ることができたのは、伸学会に通っていたからだと思います。大手塾に行っていたら、いわゆる受験のテクニックはたくさん身につけられたかもしれませんが、こんな風に受験そのものを楽しめたり、受験後ももっと勉強したいと感じることはできなかったでしょう。繰り返しになりますが、本当に感謝するばかりです。ありがとうございました。そして、本人の希望で、中学に入っても個別指導を引き続きお願いすることになりました。親子共に楽しく充実して過ごせた中学受験を糧にして、さらに学びを深め先に進めるよう、先生方これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 
———————–
担当より

ありがとうございました!

Cさんのこれからを考えて、わたしもワクワクしています!
大学生講師を含めたスタッフ全員が同じように感じていると思います。

Cさんは大学生講師たちを憧れの先輩として見てくれていたんですね。
そう思われるほど講師として成長した彼らを誇らしく思うと同時に、嫉妬を感じてしまいます(笑)

受験期間中は思わず泣いてしまうことも思いっきり笑えることもありましたね。
そのひとつひとつを振り返り、次への成長に繋げてくれたのは頼もしい限りです。
「結果よりも過程が大切」
「楽しく勉強すること」
「受験後も勉強は続くこと」
「すべての努力は無駄にならないこと」
頭で理解するのは簡単でも、心から納得してそれに従って行動するのは難しいことばかりです。
でも、中学受験を乗り越えたCさんなら大丈夫だと信じています!
これからも楽しく勉強をしていきましょう!

合格おめでとうございました!

資料請求・無料体験のお問い合わせはこちらのメールフォームから
面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

その他の生徒・保護者様の声はこちらです
頌栄中学校進学Cさんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君の受験体験記(2016)
攻玉社中学校進学G君の受験体験記(2016)
高輪中学校進学F君の受験体験記(2016)
国学院久我山中学校進学E君の受験体験記(2016)
かえつ有明中学校進学D君のお母さんの受験体験記(2016)
頌栄女子学院進学Cさんのお母さんの受験体験記(2016)
学習院中等科進学B君のお母さんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君のお母さんの受験体験記(2016)
麻布中学校進学 K君の受験体験記(2015)
香蘭中学校進学 高橋さんの受験体験記(2015)
横浜共立中学校進学 Yさんの受験体験記(2015)
目黒校保護者様の声(2015年5月)
自由が丘校保護者様の声(2015年5月)