頌栄女子学院中学校進学 Cさんの受験体験記

私は四月から頌栄女子学院中学校に進学します。

五日の試験は微妙な気持ちでむかえました。
それまでの試験で気持ちに色々な波ができていて、不安や緊張、楽しみが混ざっていました。
それらをふり払うため、朝、駅で菊池先生に応援してもらった時に声をかけていただいた、「いつも通りの自分でいる」ことをこころがけました。
みきゃんのかぶり物をしていたいつも通りな先生が言ったからなのか、自然にリラックスして試験に臨めたと思います。
試験・面接はとても楽しくて、だから自分の満足のいく結果が出ました。

「いつも通り」でいるために、私は自分の苦手克服を集中して取り組んできました。
夏休み以降は過去問をやることで、自分の苦手がより明確になりました。
算数は最初苦手科目でしたが、その分伸びしろは大きかったと思います。
算数の中でも得意分野はあったので、平面図形などの応用をたくさん解きました。
苦手分野の規則性や場合の数は、基本に戻って五年生のテキストからやり直しました。
テキストに載っているような問題を解けるようにしてから、再度志望校に取り組むことが一番大切だと思います。
問題の数をこなすほど志望校の問題が好きになれて、結果も良くなりました。
他の教科も同じように志望校という目標を持つことで勉強は進むと思います。

あとは、先生にどんな小さいことでも質問をしました。
質問をしないと、入試直前に不安な問題がたくさん出てしまいます。
私の場合は、入試直前の精神がすごく不安定でした。
自分の知らないうちに不安がたまってしまいます。
試験で実力を出せないのが一番悔しいです。
先生や家族に相談すること。
一週間前でも最後まであきらめないこと。
私は一週間で算数と理科の過去問を二十年分解き直しました。
自然と不安が消えました。

入試はとにかく楽しかったです。
いつも通りの自分が楽しんで受けることができれば、試験は合格できると思います。
試験の結果が残念だとしても、その目標までがんばったことはどこかでつながっています。

受験という大きな機会に不安を持っても、志望校に入る!!という気持ちといつもの自分で頑張ってください。
私も四月からの六年間全力で学校生活を楽しみます!!!

 
———————–
担当より

ありがとう!

君のこの1年間の頑張りが、そしてその結果の成長が、僕達にとって大きな喜びでした。
見栄でも虚勢でもなく、素直な気持ちで「勉強が好きになった」と言う君を、心から信頼しています。
そして今、頌栄中学校にとても楽しそうに通っている君を、さらに大きな喜びと共に見ています。
これからの6年間は、間違いなくすばらしいものになるね。

あらためて、合格おめでとう!!

資料請求・無料体験のお問い合わせはこちらのメールフォームから
面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

その他の生徒・保護者様の声はこちらです
頌栄女子学院中学校進学Cさんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君の受験体験記(2016)
攻玉社中学校進学G君の受験体験記(2016)
高輪中学校進学F君の受験体験記(2016)
国学院久我山中学校進学E君の受験体験記(2016)
かえつ有明中学校進学D君のお母さんの受験体験記(2016)
頌栄女子学院進学Cさんのお母さんの受験体験記(2016)
学習院中等科進学B君のお母さんの受験体験記(2016)
都市大等々力中学校進学A君のお母さんの受験体験記(2016)
麻布中学校進学 K君の受験体験記(2015)
香蘭中学校進学 高橋さんの受験体験記(2015)
横浜共立中学校進学 Yさんの受験体験記(2015)
目黒校保護者様の声(2015年5月)
自由が丘校保護者様の声(2015年5月)