トピックス

コラムプロが教える 子供に伝わる話し方

6983839749_ce8841f098_c

子供がなかなか言うことを聞いてくれない。

そんな悩みを抱えているお母さんは多いんじゃないでしょうか。

でも、話し方を少し変えるだけでうまく言うことを聞いてくれるようになったりします。

プロの塾講師が、そのコツをお教えしますね。

大切なのは以下の3つです

1.行動を具体的に表現すること

ちゃんと片づけをしなさい!と言っても、子供にはどうすれば「ちゃんと」になるのかわかりません。

できる限り具体的な指示を出しましょう。

例えば、「読み終わった本は棚の元の位置に戻そう」「服は脱いだら洗濯物かごに入れよう」などです。

私達も「ちゃんと話を聞きなさい!」「ちゃんとノートを取りなさい!」と言っても伝わらないので、「じゃあ手を止めて、顔を上げて先生のほうを見て、話を聞こうか」「ホワイトボードに書いてある説明を、まったく同じになるようにノートに書き写してみよう」というように子供達に話しかけています。
(もちろんノートの取り方の工夫はおいおい教えます。まずは正確な模写から。)

2.肯定形の表現を使うこと

AかBかの二択であれば、「Aでない」=「Bである」なので、「Aをしちゃダメ」でも話は通じます。

けれども多くの場合、子供の行動は二択ではありません。

「電車の中で走っちゃダメ!」と言われたら、「じゃあ歌うのはOKなんだ」となります。

「○○しちゃダメ」では替わりに何をすればいいのかはわからない子は多いのです。

こちらが期待する行動を、肯定形の表現で伝えましょう。

「うるさくしない」ではなく「静かにする」と言うようにするのです。

私達も、子供達に「問題を解いた後はやりっぱなしにしない」ではなく「問題を解いた後は○付けと解き直しをしよう」と指示しています。

3.共感的な表現を使うこと

人は大人も子供も否定されることを嫌います。

「それじゃダメだ」と言われれば、それがどんなに正しいことでも不愉快になるものです。

そして、自分を不快にする人の言うことなど聞きたくない、と思うのです。

だから、何かをしてもらおうと思うのなら、否定するのではなく共感を示すことが大切です。

「最後まで集中しろ!」と言うよりも、「そろそろ疲れてきちゃったよね。わかるよ。」と言った方が、子供は「これじゃダメだ」と自分から気付いてくれるのです。

だって彼らはみんな集中した方が良いことは知っているんですから。

ご家庭でもまず、子供の気持ちを代弁し、「わかるよ」と言って共感を示してあげてみて下さい。

きっとわかってくれますよ。

以上が子供達にメッセージを伝える上で私達プロが心がけていることです。

ご家庭でのしつけにも生きると思いますので、参考にして下さいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る