ご褒美の与え方:成果主義と行動主義

子供を勉強させるためにご褒美でつって良いのか?

塾講師をしていて、保護者の方からよくされる質問です。

この問いに対して、私達は「YES」と答えています。

 

ハーバード大学のフライヤー教授の行った実験により、ご褒美は確かに子供の勉強に対しての意欲を高めることがわかっています。

さらに、同教授の実験により、こうした外的な動機付けによって、子供達の「勉強することが楽しい」という内的な動機付けが損なわれることは無いということもまたわかっています。

これらは私達の指導経験上の実感とも一致するところです。

だから、ご褒美は有効に活用するべきでしょう。

 

では、ご褒美の内容はどのようなものが良いのでしょうか?

実験によると、小学生以下であればトロフィーのようなものが子供のやる気を刺激するのに良かったそうです。

伸学会でも、頑張った生徒をメダルで表彰したりしています。

頑張ったで賞

もちろんご家庭であれば、子供達に何かほしいものがあったりやりたいことがあったりした場合にそれをご褒美とするのも良いでしょう。

一方、中高生になると、そういった物よりもお金の方が効果的だったそうです。

 

ご褒美にお金をあげることには迷う保護者の方も多いと思います。

しかし、同実験の後行われたアンケートによれば、努力した結果ご褒美を得た子供達は、お金を無駄遣いするどころか、娯楽などに使うお金を減らし、より堅実なお金の使い方をしていたそうです。

この実験でお金をご褒美として与える際に、同時におこづかい帳をつけるなどの金融教育を行っていたことも理由の1つでしょうが、端的に言えばお金の大切さを同時に学んでいたことがわかります。

苦労して手に入れたものには価値を感じますから、無駄遣いはしなくなるということですね。

勉強をさせるためにご褒美をあげることは、むしろ一挙両得であると言えます。

 

それでは、ご褒美は何に対して設定すれば良いのでしょうか?

そこには2つの選択肢があります。

成績アップという「結果」に対してご褒美を与える「成果主義」と、勉強するという「行動」に対してご褒美を与える「行動主義」です。

どちらの場合にも、子供達は喜び、ご褒美を獲得しようとやる気を見せます。

しかし、フライヤー教授の実験によると、「行動主義」の場合には成績は顕著な向上を見せましたが、「成果主義」の場合には全く向上が見られませんでした。

なぜなら、「成果主義」の場合には、多くの子供達は何をすれば成果が出せるのかがわからなかったので、実際に成果につながるような具体的な行動をとれなかったからです。

一方、「行動主義」の場合には、やるべきことが明確だったため、その通りに行動し、成果を出しました。

このことから、ご家庭でご褒美を設定する際には、「成績がアップしたらご褒美」のような成果主義ではなく、「○○時間勉強したらご褒美」「○○問解いたらご褒美」のような行動主義を採用するのがおすすめです。

 

ところで、「何をすれば成果が出せるのかわからなかった」のが原因で「成果主義」がダメだったのであれば、それを教えれば良いのではないかと誰もが思いますよね?

そして、ニューヨーク市立大学のロドリゲス准教授がこれについて研究を行いました。

その結果、子供の学習の面倒を見る指導者や先輩がいる場合には、「成果主義」でも学力が向上することがわかりました。

私達伸学会が、まず「成果につながる勉強のやり方を教える」ことにこだわる理由がこれです。

 

受験をする上で、入試の成績で合否が決まるということは、自然と「成果主義」の中に放り込まれるということです。

子供達は誰もが「憧れのあの学校に合格する」ために「成績をアップさせたい」と考えます。

しかし、「何をすれば良いのかわからない」という子がほとんどなのです。

だから、私達は「問題の解き方を教えること」よりも、「正しい勉強のやり方」を教えることにこだわっています。

そのやり方は、こちらの無料メールセミナーで公開しています。

その指導法で、私たちはこんな子を育てています↓

太田1
伸学会講師の太田です。開成中学校出身で、今は東京大学に在籍しています。
何も習い事をさせてないし、塾くらい行かせてみるか。
両親のそんな軽い動機で、僕の中学受験はスタートしました。
小学5年生の春のことでした。
まさか僕が開成から東大に行くなんて、父も母もそのときは夢にも思わなかっただろうと思います。なにしろ開成という学校を知らなかった両親ですから。
僕が東大に入れた理由はとても簡単なことです。
強いて言うなら、それを小学生の早い時期に知ったことが、大きな違いになったんだと思います。
その理由が、こちらに書いてあります。
http://www.singakukai.com/news/9724.html

子供に「正しい勉強のやり方」を身につけさせたい保護者の方達は参考にして下さいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡