厳しくすると意志が弱くなる

勉強中
中学受験の大変な勉強をやり遂げて目標を達成する意思の強さを持たせるためには、自分に厳しくさせなければならないと思っている人は多いでしょう。

私もその1人でした。

しかし、実はそれは間違いでした。

 

近年の数々の心理学の研究で、自己批判は常にモチベーションの低下や自己コントロールの低下を招くことが明らかになっています。

一方、「自分への思いやり」=「自分を励まし、自分に優しくすること」は、やる気の向上や自制心の強化につながります。

カナダのオタワにあるカールトン大学である実験が行われました。

この実験では、学生達が勉強を先延ばしにする様子を、学期の最初から終わりまで記録しました。

最初の試験では、多くの学生がギリギリまで試験勉強を始めませんでした。

その後、この失敗をふまえて、学生達は学習の習慣をどう改善しようとするかを観察しました。

その結果、最初の試験で直前まで勉強しなかったことで自分を責めた学生達は、自分を許した学生達に比べて、その後の試験でもやはり勉強を先延ばしにする傾向が見られました。

最初の試験の準備に失敗したことで自分を責めた学生ほど、次の試験ではさらにのんびりしてしまったのです。

自分を責めるよりも、自分を許した学生の方が、次回は着々と準備をする気になりました。

 

こうした結果は、私達の感覚には反しています。

自己批判こそ自己コントロールには不可欠なはずで、自分への思いやりなんて言っていたら自分を甘やかす一方だと考える人が多いでしょう。

それにもかかわらずこれはいったいどういうことなのでしょうか?

 

驚いたことに、罪悪感を抱くよりも、自分を許すほうが責任感が増すのです。

研究者達の発表によれば、失敗したことについて自分に思いやりをもってふり返った場合の方が、自分を厳しく批判した場合よりも、失敗したのは自分のせいだったのだと認めやすくなるそうです。

また、その方が他人の意見やアドバイスに対しても進んで耳を貸せるようになり、失敗の経験から学ぶことも多くなるのです。

 

さらに別の実験では、他人からのなぐさめの言葉があると、強い意志で適切な行動がとれるようになることがわかりました。

アメリカのルイジアナ州立大学のクレア・アダムズと、デューク大学のマーク・リアリーというふたりの心理学者がある実験を行いました。

体重に気をつけている若い女性達を研究室に集め、科学の名のもとにドーナツとお菓子を食べさせたのです。

いろいろな味のお菓子の試食という名目ですが、実際には「試食に協力する」という言い訳ができる状況の中で、どの程度意志の力を発揮して少ない量で我慢できるかを観察しています。

その際に、実験の担当者達は、半数の女性には「参加者の方々の中には、ドーナツを丸ごと食べたせいで罪悪感を覚える方がよくいるんです」と説明した上で、「あまり自分に厳しくしないように。誰だってときには自分を甘やかすこともあるってことを忘れないで下さいね。」となぐさめました。

残りの半数の女性達には、とくに何の言葉もかけませんでした。

そして試食という名の実験が終わった後、実験担当者はお菓子を入れていたボウルの重さを量り、各参加者が食べたお菓子の量を割り出しました。

すると、温かいなぐさめの言葉をかけられた女性達が食べたお菓子の量はわずか28グラムだったのに対し、自分を許せるようになぐさめてもらえなかった女性達は、70グラム近くも食べていました。(チロルチョコが1つ7グラムくらいです)

この結果には多くの人が驚きました。

私たちは、罪悪感は自分の過ちを正すのに役に立つと思いがちですが、実際には落ち込んでかえって誘惑に負けやすくなるのです。

 

この夏期講習の間、子供達はそれぞれたくさんの勉強にチャレンジします。

そして、目標を達成できない日も度々あるでしょう。

そのときに、あなたは子供になんと声かけをしますか?

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~