今を生きる。そして、未来へ。~東京都市大付属中学校・高等学校~

20160511_131724
成城学園にある東京都市大学付属中学校・高等学校に行ってきました。
伸学会がある自由が丘や目黒からだと、大井町線の二子玉川駅からバスで20分くらいかかるので、アクセスがあまりよくない印象を持つかもしれません。
しかしそれを超える学校のよさが色々ありました。

20160511_115517
成城の地にありながらも、広大な敷地面積をほこり、のびのびと過ごせる環境がととのっています。
とても魅力的です。

「面倒見のよい自由主義の下、自治・自主の精神を育む」という校風が一番感じられるのが、受験生・保護者を対象とする説明会の時です。
なんと、中2・3の生徒が司会を担当することになっているそうです。
原稿は一応あるようですが、学校側が用意したものではなく、先輩から代々受け継がれているもののようです。
他の学校では聞いたことがない話です。

20160511_115700中1・2の全員が臨む「弁論大会」も大きな魅力の1つです。
大勢の聴衆の前で、自分の意見を述べるという経験はなかなかないですが、ここでは全員がその経験をすることができます。

また、帰国生入試(「科学大好き帰国生集まれ」がキーワード)・グローバル入試の出願生数が多いのも特徴です。
帰国生入試は、海外在住経験がある生徒が受験をし、グローバル入試は、海外経験はないが、インターナショナルスクールや早期英語教育を受けてきた生徒が受験をする入試になります。

これらの入試には、多くの受験生が集まっているようです。
しかも、帰国・グローバル入試で入ってきた生徒と、一般入試で入ってきた生徒は、別クラスになるわけではなく、必ず一緒のクラスに編成されることになります。
英語に秀でている生徒を集める入試を行う学校の多くは、別クラスになって英語をさらに伸ばすことを重視する傾向にありますが、都市大付属はそうではなく、むしろ同じクラスに入って双方が刺激を与えあい、様々な文化に触れることを重視しています。
帰国生入試で入学してきた生徒の方が積極的で、そういった姿を一般生が見て、刺激を受けているようです。
ちなみに、現在の中3の学年1位の生徒は、帰国生入試で入学してきた生徒とのことです。

ただ、全ての授業を同一クラスで行うのではなく、週7時間ある英語の授業のうち、4時間あるリーディングでは、「取り出し授業」を行っています。
これは、一般生との授業から分かれ、帰国生の能力に合わせて少数精鋭制の授業を行うことを言います。
これにより、英語の力を落とすことなく、むしろさらに飛躍的に伸ばすことができるようになります。
海外在住経験のある生徒にとっては、非常によいシステムだと思います。
もちろん、頑張れば一般生でも取り出し授業に参加することができるようです。

それ以外にも、中3時には希望者対象のマレーシアの異文化体験プログラム(ジャングルの傍にある村に10日間くらい滞在するようです)、高1全員参加のアメリカ修学旅行、高1希望者対象のニュージーランド語学研修等、語学・異文化経験も積むことができます。

20160511_115758

実験教室も最先端の設備が完備され、また全面ガラス張りの教室は非常に明るく、廊下もスペースが広く開放的です。
廊下に机・椅子もあるので、ここで先生に気軽に質問をすることもできます。

20160511_115008

今回参加した説明会は「入試報告会」という名目だったので、学校の教育システムに関しては大まかなものでしたが、是非次回は詳しいカリキュラムなども聞きたいなと思いました。
また、生徒が司会をする説明会にも、こっそりと参加してみようと思います。

文責:自由が丘校舎長 江藤直人

学校紹介一覧
28project~品川女子学院2016~/a>
捨我精進(自分を生かすために我を捨てる)~田園調布学園~
慈愛(あい)と誠実(まこと)と創造~鷗友学園~
今を生きる。そして、未来へ。~東京都市大付属中学校・高等学校~
女子に「自ら判断する力」を~神奈川学園2016~
ノブレス・オブリージュの下に ~東京都市大等々力中学校・高等学校~
教育内容も建物も改革中~文教大学付属中学校~
徳においては純真に 義務においては堅実に ~横浜雙葉中学校~
理系大学進学率75%超!~芝浦工業大学中学高等学校~
「能動的に人生を創る女性を育てる」~品川女子学院2015~
都心の伝統校~三輪田学園~
「夢をみつける」「夢をささえる」「夢をかなえる」~神奈川学園2015~
共学化!進む学校改革!~三田国際学園~
大手予備校のサテライト授業が受けられます~青稜~
英語教育NO1~八雲学園~
「進学校」から「名門校」へ~洗足学園学校訪問~
帰国子女率ダントツ!~頌栄女子学院~