共学化!進む学校改革!~三田国際学園~

三田国際学園(戸板女子)の塾対象説明会に行ってきました。

東急田園都市線用賀駅から徒歩5分。自由が丘から近いですね。

現在は戸板中学校という女子校ですが、来年から三田国際学園と改称し共学化します。

学園長には元広尾学園の大橋学園長が就任します。

既に大橋学園長による学校改革はスタートしているようで、説明会では先生たちの勉強会・研修会の様子なども含めて説明がありました。

最近は多くの学校で英語教育と理科教育に力を入れていますが、三田国際学園もその点は同様です。

特に英語に関しては、「『英語を学ぶ』のではなく『英語で学ぶ』」ことによって、世界基準の教育を行っていくことを目指しています。

完全に英語が0の状態で入学した子が帰国子女に混ざって英語で授業を受けることには不安もあり、個別相談でフォロー体制について伺ったのですが、いきなり中1から全て英語でということではなく、徐々に段階的に英語で授業を受ける割合を増やしていくとのことでした。

インターナショナルスクールでの指導経験がある先生や、ご自身が留学経験を持つ先生を揃えているそうで、経験を踏まえて適切なカリキュラムが組まれるのだと思います。

加えて、三田国際学園は、ICT教育にも力を入れており、生徒全員にipadが支給されます。

この点は広尾学園の良いところをを踏襲していますね。

相互通行型授業を掲げ、授業のテーマに関して生徒に質問を投げかけ、生徒はそれをipadなどのタブレットで調べ、ディスカッションするという形式で授業が進みます。

見学をした理科の授業では先生が電子黒板で授業を行い、生徒は記録もテキスト・ノートではなくipadでしていました。

手書きよりも書くのも速いでしょうし、実験となったらその様子を画像や動画で残せるのはとても良いと思いました。

気になることもすぐにwebで調べられるのはとても便利そうですね。

こちらの塾対象説明会のページの最下段の写真2枚がその様子です。

このような設備・環境が整っていくのも良いなと思いましたが、一番は先生たちの熱意でしょうか。

学園長の下で一丸となって学校全体で変わっていこうとする意志を感じました。

広尾・都市大等々力・中大横浜(山手)に続いて、数年後には人気が過熱している予感がします。

これらの学校も初年度・2年目あたりまではまだ人気(偏差値)も低く、お買い得な学校でした。

三田国際学園も2015年・2016年に受験を迎えるお子さんにとってはお買い得な学校である可能性が高いと思います。

※学校の良し悪しは本人・保護者との相性によるものが大きいので、広尾学園及び三田国際学園が良い学校であるということを伸学会が保証するわけではありません

文責:代表 菊池洋匡

資料請求・無料体験のお問い合わせはこちらのメールフォームから
面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

学校紹介一覧
28project~品川女子学院2016~/a>
捨我精進(自分を生かすために我を捨てる)~田園調布学園~
慈愛(あい)と誠実(まこと)と創造~鷗友学園~
今を生きる。そして、未来へ。~東京都市大付属中学校・高等学校~
女子に「自ら判断する力」を~神奈川学園2016~
ノブレス・オブリージュの下に ~東京都市大等々力中学校・高等学校~
教育内容も建物も改革中~文教大学付属中学校~
徳においては純真に 義務においては堅実に ~横浜雙葉中学校~
理系大学進学率75%超!~芝浦工業大学中学高等学校~
「能動的に人生を創る女性を育てる」~品川女子学院2015~
都心の伝統校~三輪田学園~
「夢をみつける」「夢をささえる」「夢をかなえる」~神奈川学園2015~
共学化!進む学校改革!~三田国際学園~
大手予備校のサテライト授業が受けられます~青稜~
英語教育NO1~八雲学園~
「進学校」から「名門校」へ~洗足学園学校訪問~
帰国子女率ダントツ!~頌栄女子学院~