トピックス

コラムなぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか

成績を上げるために最も重要なものは記憶力でも理解力でもありません。

それは「我慢強さ」です。

「意志力」「心の体力」とも言いますし、「自制心」「自己コントロール力」と表現することもあります。

我慢強い子は、成長して成績優秀となることが、社会学の実験の結果わかっています(※)。

それだけではありません。

友人や教師達からも好かれ、大人になってからはより給料の高い職業につき、中年になっても太らず健康的なこともわかっています(※)。

「我慢強さ」は、人生においてもっとも大切な力の1つなのです。

 

先日、塾の中で、この我慢強さについてあらためて考えさせられることがありました。

冬期講習中、塾で手配したお弁当を食べているとき、嫌いなおかずを残そうとする子がいるのです。

そして、好き嫌いの多さと、日ごろからの落ち着きの無さや持ち物管理のいい加減さがきれいに比例していました。

 

味覚は人それぞれで、嫌いな味の1つや2つあるのはあたり前です。

問題は、その嫌いなものへの対処の仕方。

嫌だろうとなんだろうと我慢して食べることは、我慢強さを育てる訓練となります。

小さな苦手を克服し、成長することに繋がっていくのです。

逆に、嫌いなものがあったときに、そこから逃げるという選択をしていては、我慢強さは育ちません。

好き嫌いが多い子は、小さい頃から成長のチャンスを逃してきてしまったということなのです。

もったいないですよね。

 

そんなわけで、伸学会では食事の時間には好き嫌いをしないように指導をしています。

もちろんこれから開校する学童保育「Primary」でも、そういった教育を大切にしていこうと思っています。

ご家庭でもぜひ、好き嫌いを克服できるように育ててあげてくださいね。

174653c9

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る