今僕は東大にいます。小学生のときに、本当に大切なことを教えてもらったから。それは…

太田1

伸学会講師の太田です。開成中学校出身で、今は東京大学に在籍しています。

何も習い事をさせてないし、塾くらい行かせてみるか。

両親のそんな軽い動機で、僕の中学受験はスタートしました。

小学5年生の春のことでした。

まさか僕が開成から東大に行くなんて、父も母もそのときは夢にも思わなかっただろうと思います。

なにしろ母親にいたっては、開成という学校を知らなかったくらいですから。

 

他のみんなより遅れて塾に通い始めたので、最初は授業についていくのが大変でした。

でも、言われたことを守ってちゃんと勉強していたら、少しずつ成績が上がっていきました。

復習はいつやるべきか。

解き直しとはどうやってやるのか。

目標はどうやって立てるのか。

スケジュールはどう作るのか。

僕の先生は、正しい勉強のやり方を具体的に教えてくれました。

だから、やればやるほど成果が出る。

みんなと競争し、追い抜く快感から、僕は徐々に勉強にはまっていきました。

また、同時に塾の勉強以外のこともいろいろ学びました。

先生からもらった中で一番記憶に残っている言葉。

「知識は重荷にならない。だから本は読んでおけ。」

言われた通りに、たくさん本を読むようにもなりました。

いろいろな知識を身に付けるのは楽しい。

今も続くその思いが、この頃に作られました。

IMG_7427

そんな勉強することそのものが目的だった僕ですが、5年の後半になり受験する学校を決めなければいけなくなりました。

先生に薦められて開成の文化祭を見に行きました。

第一志望が決まりました。

目標ができ、やりがいが増えました。

けれど、それがどれくらい難しいことなのか、両親も僕もわかっていませんでした。

母はまだ「『開く』に『成る』なんて簡単な字だし、簡単な学校なんでしょ?」なんて言っていました。

 

目標ができるということは、それが手に入らないかもしれないという不安と戦うことにもなります。

仲間との競争は、負けたら次にまた頑張って再チャレンジすればいい。

けれど、受験はそうはいかない。

目標が大きくて、なかなか模試で良い判定が取れず、焦る日々。

それまでは「楽しい」だけだった勉強に、「苦しい」が加わりました。

きっとみんな同じなのだろうと思います。

そして、こういうときどうしたら良いかわからなくて、空回りしてしまうのだろうと思います。

でも、その乗り越え方も、僕は教えられました。

それは、過去問を使って、合格するための具体的な作戦を立てることでした。

入試本番、この問題で合格点を取るために、どの問題ができなければいけないか。

それができるようになるためには、どんな練習をして準備しなければいけないか。

一緒に考えて、勉強の計画を立て、実行し、そのあとまた過去問を解きました。

そうすると合格点に少しずつ近づいていく。

成長できている実感が、不安を消してくれました。

また勉強が楽しくてたまらなくなりました。

そして・・・

 

充実した日々を過ごし、僕は受験を迎えました。

結果は、第一志望の開成に合格できました。

こんなに嬉しいことってあるのか、と思うくらい、人生で最高の達成感でした。

 

中学に入学して最初の中間テストの成績は、クラスで下から3番目でした。

さすが開成。周囲はすごい人たちばかりです。

そのとき思いました。

またみんなを少しずつ追い抜いていこう!

そうしたらきっと楽しくなる!

だから受験前と同じように、勉強を続けました。

テストの度に1人2人と追い抜いていきました。

6年間で、定期テストの順位が前の回より下がったことは結局1回もありませんでした。

そして、高3になったときには学年でも上位の成績になっていました。

IMG_7423

大学は東京大学を受験しましたが、中学受験のときほどは不安も緊張もありませんでした。

成長するための「正しい勉強のやり方」。そしてそれを「楽しい」と思う気持ち。

僕にはこの2つがあったから。

小学生のときにこれらを教えてもらえたから、ここまで成長できました。

東大合格証

東大の合格証を持って先生に報告に行ったとき、うちで働かないかと誘われました。

子供達をお前みたいに勉強好きにするのを手伝ってくれと。

もちろんすぐに引き受けました。

僕があのとき教えてもらった大切なことを、今度は僕が後輩達に伝えたい。

今の伸学会には、あの頃僕が習った以上のすごい指導がたくさんあります。

人は正しい努力を続ければ必ず成長できます。

僕達の仲間になりませんか?

一緒に成長しましょう。

太田2

どうやって僕は成績を伸ばしていったか?

秘密なんてありません。魔法なんかでもありません。

ただ、正しくやっただけです。

だから、その正しい努力のやり方を、伸学会は無料で公開しています。

メールセミナーで配信していますので、興味がある方は登録してみて下さい。

名前とメールアドレスをこちらのフォームから登録するだけですから1分で終わります。

具体的な内容は以下の通りです。

1日目:脳科学に基づく記憶に残りやすい復習法

2日目:学習記録をつけて記憶力と自己管理力3割アップ

3日目:勉強量が2.5倍になったスケジュール管理で成績アップ

4日目:達成を引き寄せる目標の立て方「SMARTの法則」

5日目:「やることリスト」で達成感を演出してやる気80%アップ

6日目:学習効率を1.65倍に引き上げるテストの「振り返り」

7日目:カリスマと呼ばれる先生が意識している2つの指導上のポイント

 

登録した読者の方からは以下のような感想をいただいています。

いつもメールマガジンを有難うございます。
毎回、我が家に隠しカメラでもあるのでは⁈と思ってしまうくらい、タイムリーな内容で、熟読しております。
娘は6年生です。毎日親子でもがき苦しんでいます。
まさに昨日の模試の自己採点で、ようやく少しの手応えを感じることが出来、今日は親子で気を緩めてしまいそうなところでしたが、目標を再確認し、ペースを崩さないようにしたいと思います。
届いたメルマガを開くたび、親として冷静に立ち止まって考えられるようになりました。
今後もメルマガを楽しみにしております。(若林様より)
メールを毎日楽しみにしっかりと読ませて頂きました。
大変わかりやすく、即実践、即成果がでています。
毎日の宿題に楽しみを持てず、なかなか始めない小1息子に私もイライラしてしまい、宿題プリントだけは一緒に席に着き必死に盛り立てて過ごしていました。しかし、毎日続き、私も疲れてまた負の連鎖で。。
毎日の学習記録ノートを作成し、何故やるのかも説明し、始めました。昨日は自分から前日の結果ページを見返して予定をたて、始めました!
学習時間に同席はまだまだしていますが、嫌ーな空気が流れたりする事もなく、本人も知識欲が深まったのか、辞書を引く、集中時間も長くなりました。
本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。(上杉様より)
愛知在住、年長児の母親です。
菊池先生のお話しを『今』聞けてよかった…
と心底思います。
わたしが生まれ変われるキッカケをいただけています。
いつも、いつもありがとうございます。(佐藤様より)
こんにちは。
いつもメルマガ楽しみにしています。小4の息子がおりまして、大手進学塾に通って中学受験を検討しています。
まさに、こちらのメルマガのような勉強の仕方に関する情報を探しておりました。塾では具体的な勉強の仕方まで教えてはくれませんので、本当に興味深く拝読させていただいております。
先日メルマガを息子と一緒に読み、まずは学習記録をつけ始めたところです。いままで計画を立てては上手くいかず、投げやりになるといった事を繰り返していました。とにかく記録をつけるだけなら、なんとかやれそうということで頑張ってくれています。
考えてみれば親である私も、計画通りにやることは得意ではないですし、日記なんか続いたためしはありません。
ですので、今日のメルマガはなんだか勇気が湧きました。
中学受験よりももっと遊ばせてあげた方がいいのかな、などの迷いもありましたが、大人にたっても本当に役に立つスキルを身につけている最中なのだなと思えました。
焦らず少しずつ頑張っていきたいと思います。
これからもメルマガ楽しみにしております。
よろしくお願い致します。(N様より)
先般Primaryの説明会に参加させて頂きました横浜の飯田です。
その後もメルマガに登場させて頂いて、テレビに映ったような気分で嬉しく楽しく拝読させて頂いております。
先生のメルマガは紹介した友人たちにも素晴らしく好評で読み応え抜群、迷える母たちに力を与えてくださっており、感謝しかありません。
引き続きメルマガ通じ学習にまつわる有意義なお話をたくさんお聞かせ頂けるのをとても楽しみにしております。(飯田様より)

 

さらに、今なら無料メールセミナーに登録すると、こちらの↓保護者セミナー第4回と第8回の資料が無料プレゼントされます。





途中で分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせしてくださいね。

それでは。

登録はこちらから