子供がかんしゃくを起こしたらまずするべきこと

子供がゲームばかりしていて勉強をしないのでゲームを没収したところ、子供がかんしゃくを起こしてかえって勉強をしなくなった。

そんなお話はあなたの周りで聞いたことありませんか?

小さな子であれば、欲しいおもちゃやお菓子が買ってもらえないということでグズることもあるかもしれませんね。

そういえば、塾生同士でよくわからない理由で怒ってケンカしている子達もいました。

きっとおうちでも兄弟げんかをする子供は多いことだと思います。

「いいかげんにしろ!」と怒鳴りたくなりませんか?

 

気持ちはよくわかります。

怒ってはいけないというわけではありません。

とりあえず子供を静かにさせなければいけないこともありますものね。

大人の側に心の余裕が無いことだってあります。

 

でも、そんな怒り方をしても、子供の脳はそこから何かを学ぶことはできません。

脳が「学びを受け入れるモード」になっていないのです。

成長が無いのですから、その後も同じことが起こります。

結果として、あなたは何度も同じことで怒るはめになります。

あなたにも「またこれか・・・」とうんざりした経験がきっとあることでしょう。

 

どうすれば子供に学ばせることができるのか?

どうすれば失敗を成長のきっかけにできるのか?

その方法を理解してもらうのが今回のコラムの目的です。

 

そのために知っておいて欲しいこと。

それは、「子供の脳はまだ建設中」だということです。

子供の脳は産まれた段階ではまだ完成には程遠く、長い年月をかけて変化していきます。

形が完成するだけでも20年以上かかり、そこからもまだ中身は変わり続けます。

体も骨格が完成するのに時間がかかり、その後もまだ日々の運動の習慣や食生活で変わり続けるのと同じですね。

そして、もう少し詳しくお話しすると、脳はその進化の過程で原始的な生物の脳から人間の脳へと徐々に大きくなってきました。

それによって、人間の脳の中には原始的な部分と人間的な部分が、それぞれ別の機能の担いながら存在しています。

握りこぶしを作ってみるとわかりやすいでしょう。

脳の下方、中心部にある「1階の脳」はよく「爬虫類の脳」とも言われ、人間の一番基本的な神経・精神活動を行っています。

強い感情、呼吸や睡眠や覚醒のサイクルの調節、消化の調節などです。

子供が思い通りにならないときに誰かに噛み付いたりおもちゃを投げたりするのは1階の脳の働きによるものです。

1階の脳は外敵に襲われるという緊急事態に備えて、産まれたときから十分に機能しています。

そして、何かあると急な反応に備えて素早く動きます。じっくり考えたり、別の方法を探したりはしません。体の筋肉を走って逃げたり、あるいは必要なら反撃したりする準備のために緊張状態におきます。もしかしたら気を失って倒れることもあるかもしれません。

 

それに対して、脳の上方、外側にある「2階の脳」は、意味のある人生を送り健全な人間関係を楽しむための、思考や感情や人付き合いの方法など、様々なスキルを担っています。

適切な判断をすること、計画を立ててじっこうすること、自分を振り返って見つめること、感情と行動をコントロールすること、思いやりを持って他者に接すること。

まさに子供に身につけさせたい能力です。

こうした複雑なことをじっくり考えられる「2階の脳」は産まれたときには未発達で、幼児期と小児期のあいだに育ち始めます。

そして、どのようなことを経験するかで育ち方が変わっていきます。

脳は経験によって物理的・肉体的に変わるのです。

 

あなたの子供がかんしゃくを起こして抑えがきかなくなったとき、脳のどちらの部分に働きかけたいでしょうか?

原始的で反応しやすい1階の部分をつついてねじ伏せ、逆らっても無駄だという力関係を本能に教え込みたいでしょうか?

それとも理性的でじっくり考えられる2階の部分に訴えかけ、論理や思いやりをもって問題解決方法を考えさせたいでしょうか?

答えははっきりしています。

2階の脳の理性的な働きを引き出したいはずです。

そのためにするべきこと。

それが「つながり」を作ることです。

 

ここでの「つながり」という言葉には3つの意味が込められています。

1つめは、子供との間で心の「つながり」を作ること。

2つめは、子供が自分の行動と起こった結果との「つながり」を理解させ、受け入れさせること。

3つめは、子供の脳内の神経ネットワークの「つながり」を、文字通り肉体的な意味で作ることです。

 

子供がかんしゃくを起こしているとき、脳の中では2階の脳がオフラインとなり、1階の脳(=爬虫類の脳)が活発に動いています。

カッとなったり、落ち込んでいたり、恥ずかしさや気まずさを感じていたり、子供の心の中ではいろいろな感情が暴れています。

子供はそう“なりたい”のではありません。子供自身も楽しくないしストレスがたまります。でも、自分で抑える能力(脳力)が無いのです。

つまり、それは大人の手助けを必要としているサインです。

だから、「つながり」を作って感情を落ち着かせてやり、もっといい判断ができるように手助けをしてあげましょう。

親や周囲の人間が「自分」を受け入れていると感じ、相手に気持ちが伝わっていると感じられれば、「自分のふるまい」が受け入れられていないとわかっても、落ち着きを取り戻すことができます。

「つながり」はそうして神経系を落ち着かせ、子供の反応をなだめます。

すると、2階の脳が働きだし、教えに耳を傾けて学び、自分で良い判断ができるようになっていきます。

つまり、2つ目の「つながり」を作る準備が整うのです。

 

1つ目の「つながり」を作る基本的な方法は、子供の声に耳を傾け、共感をたくさん示すことです。

そうやって子供に寄り添い、ふるまいの下にある心につながることです。

また、体にふれることも、親が子供とつながる最も有効な方法の1つです。

愛情をこめてふれることで、オキシトシンなどの気分が落ち着くホルモンが脳や体に放出され、コルチゾールのようなストレスホルモンの量が減ります。

頭をなでたり背中をさすったりしてあげることで、泣きわめいていた子供が落ち着いたという経験は、親ならきっと何度もありますよね?

子供が混乱しているとき(2階の脳が止まって1階の脳が暴れているとき)でも、愛情をこめてふれることで、状況を落ち着かせてつながりを作っていくことができるかもしれません。

 

そうして、2階の脳を働かせ、1階の脳を抑える経験を繰り返していくと、子供の脳に変化が起こります。

1階の脳と2階の脳をつなぐ神経線維(=3つ目のつながり)が強くなるのです。

そして、子供の原始的な衝動=1階の働きを抑える2階の脳の力が強くなっていきます。

この1階と2階のつながりによって、上下の脳は統合され、前頭前野と呼ばれる部分が活発になります。

この重要な部分は感情のバランスを取ったり、注意を傾けたり、衝動を抑えたり、他者と共感したりといった、自己コントロールを司っています。

そう、前頭前野が発達することで、子供はこれまでにもたびたびコラムで取り上げてきた「意志力」を身につけていくのです。

親であれば、子供にそういった能力を身につけさせたいと思いますよね?

あなたが子供と心でつながって、子供に2階の脳を働かせる経験を積ませることが、算数や国語よりもずっとすばらしい能力を子供に与えることになるのです。

 

ここまで書けばもうおわかりですよね?

子供がかんしゃくを起こしたら、大人がまずするべきこと。

それは1つ目の「つながり」=心のつながりを作ることです。

話すよりも先に聞くこと。教えるよりも先に共感を示すこと。

そして、子供が反応しやすい状態から受け入れられる状態になるまで、じっと待つこと。

すべてはそこから始まります。

そうすれば、2つ目・3つ目の「つながり」に自然とつながっていきます。

 

もちろん実践することは大変です。

私だって「いいかげんにしろ!」と怒鳴りたくなることはたくさんあります。(実際に怒鳴ったことも・・・)

こんな悪ガキとつながるなってごめんだ!と思うことはあるわけです。

人間は良くも悪くも「共感」してしまいますから、相手の2階の脳がふっとんで1階の脳が活発になりかんしゃくを起こしていると、こちらにもそれが伝染してしまいますからね。

つまり私たち自身も、2階の脳を働かせられるか、1階の脳と2階の脳がつながっているかが試されているわけです。

自信が無いですか?

安心してください。毎度毎度完璧な対応なんて、「先生」がお仕事の私たちだってできません。人間ですもの。

でも、失敗しても取り戻すことはできるので大丈夫です。

そして、うまくできるたびに子供だけでなく私たちの脳も強くなり、もっとうまくできるようになっていきます。

その上、うまくできたときのご褒美は、とても大きいです。

子供の脳が成長し、さらに子供とのあいだの信頼関係が深まります。

だからチャレンジする価値は十分にあります。

ぜひ、「つながり」作りを心がけてみてくださいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

民間学童保育 伸学会Primary目黒校 の2018年度入会説明会を開催します。
12月2日(土)10時~11時30分です。


あなたの子供の脳の育て方 ・・・ メールセミナーでも発信中です。登録はこちら↓

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■LINE@も始めました。コラムの更新情報などをお届けしていきます。
友だち追加:自由が丘校
友だち追加:目黒校
※どちらも同じものが届きます。違いはアクセスマップだけです。

参考
ダニエル・J・シーゲル『子どもの脳をのばす「しつけ」』大和書房、2016年