トピックス

コラム自分を知り自分を律する力

目先の衝動に流されず、長期的な目標に向かって自分を動かす力。

いわゆる「自己コントロール力」は、人生において何よりも大切な力であることは繰り返し強調してきました。

この力を発揮するためには、自分がどういう状態にあるのかを「モニタリングする力」と、「どう行動するべきかの知識」を持っていなければいけません。

これらはまとめて「メタ認知」と呼ばれます。(細かい定義にはバリエーションがあります)

メタ認知の「メタ」は「高次の」という意味で、一段高いところから自分の「認知を認知する」ことがメタ認知の定義です。

例えば、「眠い」という認知の認知、すなわち「自分はいま眠くなっている」という認知が「モニタリングする力」にあたります。

そして「眠気を覚ますには顔を洗えばよい」というのが、「どう行動するべきかの知識」です。

そして、それを実行し、眠気に負けずにやるべきことをやれるというのが、自己コントロール力の高い状態です。

また、やるべきことをやるという観点だけでなく、何をどのようにやれば良いかを考える力もまたメタ認知能力です。

「何がわからない?」と聞いて、「算数」とか「全部」という答えが返ってくるような子はメタ認知能力が低い状態です。

自分の状態がモニタリングできていないのです。

当然そういう子は、その課題を克服するための方法の計画はできませんから、いつまで経ってもできないままです。

そういった個別の課題の他にも、課題全体の遂行状況の評価や、課題遂行に関する動機づけなどにおいて、自分の状況を認知する力、すなわちメタ認知能力は必要になります。

メタ認知能力は学習の成功を左右します。

メタ認知能力を備えた自律的な学習者は、適切な「道具」を用いて学習の方法とスキルを修正して、学習の効率を高めることができるからです。

だから、教育の場では学生と指導者の双方がメタ認知的スキルを身につけることが重要なのです。

 

昔、孫子は言いました。
「敵を知り、己を知れば、百戦して危うからず」

残念ながら大人でも「己を知っている」人は少ないです。

そんな頑張っているつもりなのに空回りしているだけの人が周りにいませんか?

受験でも「己を知ること」ができれば、空回りを脱して「百戦して危うからず」になれるのです。

だから伸学会では、メタ認知能力を育てるために、「学習記録」「週間スケジュール」「やることリスト」「分析と反省」などなど、たくさんの取り組みを用意しているのです。

これら具体的なメタ認知能力の育て方については普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナーで公開していますので、お子様のメタ認知能力を育てたい方はぜひご登録下さい。

また、メタ認知の仕組み自体に興味があり、もっと詳しく知りたい方は、こちらの奈良教育大学のサイトを読んでみて下さいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る