トピックス

コラム脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?

中学受験本番では「この問題はつるかめ算ですよ」なんてことはどこにも書いていません。

ですから、「そもそもこの問題は何なのか?」ということを見破る力が必要になります。

これは国語の試験ではよりいっそう必要になります。

カリキュラムテストやマンスリーはできるのに、公開模試やサピックスオープンになると成績が下がったりしていませんか?

それはこの「見破る力」の不足が原因です。

そしてそういう子は入試では不合格になってしまいます。

 

もちろんそんなことはわかっているでしょうから、悩んで塾の先生に相談するのでしょうが、多くの場合返ってくるのは「カリテでちゃんと成績を取っていれば公開模試の成績も伸びてきます」みたいな返事ばかりです。

中には待っていれば伸びてくる子もいるのですが、しかし残念ながら多くの場合はそうはなりません。

ほとんどの子はいつまで経っても成績が上がらず、6年後半になるとむしろ下がり続けます。

なぜなら成績が上がらないのは勉強のやり方が間違っているためだからです。

その間違いが直らない限り力はつきません。

 

多くの子は、単に繰り返しやれば力がつくと思っています。

確かに学習の基本は反復練習です。それは間違いありません。

しかし、実は反復のやり方によって、成果には大きな差ができるのです。

それを示す実験に、例えばこんなものがあります。

2007年、サウスフロリダ大学のケリー・テイラーは、24人の小学4年生(男子女子それぞれ12人ずつ)を対象に、算数を教える実験を行いました。
ランダム算数
図のような角柱の面・辺・頂点・角の数を求める計算方法を教えます。

そして、練習として4種類各8問ずつ、合計24問の問題を解かせます。

その際に、24人を2つのグループに分け、問題を解く順序を少し変えさせます。

半分の生徒には、面・面・面・・・・、辺・辺・辺・・・、のように同じ種類のブロックごとに解かせました。

残りの半分の生徒には、面・角・頂点・面・辺・角・・・、のようにランダムな順序で解かせました。

まったく同じことを教え、まったく同じ問題を、全く同じ数だけ解かせました。

違いはただ1つ、解く順序だけです。

翌日、子供たちに4種類全ての問題を1問ずつ出題するテストをしました。

その結果2つのグループの成績には顕著な差が表れました。

ブロック学習をしたグループの正解率は38%だったのに対し、ランダム学習をしたグループの正解率は77%だったのです。

問題演習の順序を変えるだけで、成績に大きな差が生まれるのです。

(参照)Kelli Taylor andDoug Rohrer, “The Effects of Interleaved PracticeApplied Cognitive Psychology 24(6):837 – 848 · September 2010

この学習法の違いは、算数だけではなく英語・国語・理科・社会、果ては美術・音楽・体育まで全てにあてはまります。

例えば、美術においてはこんな実験が行われました。

ウィリアムズカレッジの認知心理学者ネイト・コーネルは、12人の風景画家による絵画を6作ずつ計72枚を使って、作者を判別する「目利き力」を鍛える学習の実験を行いました。

その際に、風景画家を6人ずつに分け、先ほどの角柱の問題と同じように、学習する順序に違いを作りました。

そして、学習には使わなかった同じ作者のほかの絵画48作を使って、12人の中から作者を答えさせるテストを行いました。

見たことのない絵ばかりなので、その画家の描き方の「スタイル」がわからなければ答えられないテストです。

結果は、ブロック学習で学んだ6人の画家の絵画は正答率が50%だったのに対して、ランダム学習で学んだ6人の画家の絵画は正答率が65%でした。

(参照)Nate Kornell and Robert A. Bjork, “Learning Concepts and Categories:Is Spacing the ‘Enemy of Induction’?Psychological Science 19(6):585-92 · July 2008

同じ被験者たちが、学習法を変えただけで正答率にはっきり差が出ました。

角柱の問題と同様に、絵画の学習でもランダム学習の方が高い成績を出したのです。

 

さらに驚くべきことですが、この実験の後に被験者に行ったアンケートで、78%の被験者、つまりおよそ5人に4人が、なんと50%しか正解できなかったブロック学習の方が「良かった」と回答しています。

恐ろしいことに、実際には力がついていない学習法の方が、本人たちの体感としては「わかりやすかった」と感じているのです。

世の多くの人間が、自分は成長していると信じながら、実際には成長が遅い学習法を実践しているであろうことを示していると思います。

あなたのお子さんは大丈夫ですか?

正しい学習法を感じ取れる5人に1人になれていますか?

 

学習には正しいやり方があります。

それは知っていれば誰でも実践できる技術です。

だから、ぜひお子さんには正しい学習法を教えてあげて下さいね。

そうすれば成長のスピードが加速しますよ。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る