トピックス

コラム脳が疲れたとウソをつく

中学受験に向けた天王山。

夏期講習はよくそう表現されます。

もっとも、中学受験だけでなく高校受験・大学受験においても同じように言われるわけですが。

伸学会でも、子供たちは朝から晩までよく勉強しています。

そして、そろそろ疲れが見え始めています。そのせいで勉強のペースが落ちかけています。

そこで先日ホームルームの授業で彼らに問いかけました。

「ちょっと待って!この『疲れ』っていったいなんなんだろう?」

lgf01a201404011500

「疲れ」について考えるための材料として、以下のようなものがあります。

1922年にノーベル生理学・医学賞を受賞したアーチボルド・ヒルという心理学者がいます。

彼は、運動による疲労感は、実際の筋肉疲労によって起こるのではなく、脳が極度の疲労を防ごうとして起こすのではないかと考えました。

これを受けて、ケープタウン大学のスポーツ科学の教授、ティモシー・ノークスが競技中のアスリートの身体で実際に何が起きるのかを検証しました。

その結果、筋肉には不具合は全くなかったのに、脳は筋肉に「疲れたから止まるように」と指示を出しているとわかりました。

 

私たちの脳は、約20万年前にホモ・サピエンスが誕生してから、ほぼ構造が変わっていないと言われています。

そのことから考えれば、脳のそのような仕組みは納得できます。

獲物を追ってもう動けなくなるまで疲労してしまったら、そのタイミングで危険な肉食動物に出会い自分が獲物の側になったとき死が確定します。

それを避けるために、脳は早め早めにブレーキをかけて、常に最後の力は残しておこうとするのです。

 

ところで、コラム「人生を成功に導く『心の体力』」シリーズでも書いたように、自制心は筋肉に似ています。

使えば徐々に疲労していき、休めば回復します。

また、筋肉と同じように鍛えて強くすることができます。

 

そして、疲れに関しての感覚も、筋肉と同じようなものだと考えられています。

つまり、限界だと感じていても、実際にはまだ余力があるのです。

エネルギーの節約を心がけようとする脳が、エネルギー資源が減ってきているのを感じて、消費量の多い前頭前皮質の活動(自己コントロール)にブレーキをかけているだけなのです。

だから気力をふりしぼれば実はまだ頑張れます。

ニューヨーク州立大学オールバニー校の心理学者、マーク・ムラヴァンがそのことを実証しました。

彼はモチベーションの実験を数多く行っています。

その実験の1つに、疲れて意志力が弱くなった学生を対象にしたものがあります。

実験で、学生たちはお金をもらえるとわかったとたんに意志力が回復しました。

少し前までは疲れたからできないと思っていたことでも、現金を手に入れるためならやってのけたのです。

 

おりしも現在オリンピックが開催されています。

鍛え抜かれたアスリートたちは、脳の「限界だ」というブレーキを振り切り、身体的な真の限界まで力を振り絞ります。

少しでも良い成果を!そしてメダルを!と「望む力」が、限界を超えさせるのです。

 

勉強に関しても同じように、脳の偽りの疲労感、限界のサインを振り切って勉強するためには何が必要でしょうか?

現金?それとも・・・?

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る