トピックス

コラムご褒美の与え方:成果主義と行動主義

子供を勉強させるためにご褒美でつって良いのか?

塾講師をしていて、保護者の方からよくされる質問です。

この問いに対して、私達は「YES」と答えています。

 

ハーバード大学のフライヤー教授の行った実験により、ご褒美は確かに子供の勉強に対しての意欲を高めることがわかっています。

さらに、同教授の実験により、こうした外的な動機付けによって、子供達の「勉強することが楽しい」という内的な動機付けが損なわれることは無いということもまたわかっています。

これらは私達の指導経験上の実感とも一致するところです。

だから、ご褒美は有効に活用するべきでしょう。

 

では、ご褒美の内容はどのようなものが良いのでしょうか?

小学生以下であれば、トロフィーのような子供のやる気を刺激するものが良いようです。

伸学会でも、頑張った生徒をメダルで表彰したりしています。

頑張ったで賞

もちろんご家庭であれば、子供達に何かほしいものがあったりやりたいことがあったりした場合にそれをご褒美とするのも良いでしょう。

一方、中高生になると、そういった物よりもお金の方が効果的だったそうです。

ご褒美にお金をあげることには迷う保護者の方も多いと思います。

しかし、同実験の後行われたアンケートによれば、努力した結果ご褒美を得た子供達は、お金を無駄遣いするどころか、娯楽などに使うお金を減らし、より堅実なお金の使い方をしていたそうです。

この実験でお金をご褒美として与える際に、同時におこづかい帳をつけるなどの金融教育を行っていたことも理由の1つでしょうが、端的に言えばお金の大切さを同時に学んでいたことがわかります。

勉強をさせるためにご褒美をあげることは、むしろ一挙両得であると言えますね。

 

それでは、ご褒美は何に対して設定すれば良いのでしょうか?

そこには2つの選択肢があります。

成績アップという「結果」に対してご褒美を与える「成果主義」と、勉強するという「行動」に対してご褒美を与える「行動主義」です。

どちらの場合にも、子供達は喜び、ご褒美を獲得しようとやる気を見せます。

しかし、フライヤー教授の実験によると、「行動主義」の場合には成績は顕著な向上を見せましたが、「成果主義」の場合には全く向上が見られませんでした。

なぜなら、「成果主義」の場合には、多くの子供達は何をすれば成果が出せるのかがわからなかったので、実際に成果につながるような具体的な行動をとれなかったからです。

一方、「行動主義」の場合には、やるべきことが明確だったため、その通りに行動し、成果を出しました。

このことから、ご家庭でご褒美を設定する際には、「成績がアップしたらご褒美」のような成果主義ではなく、「○○時間勉強したらご褒美」「○○問解いたらご褒美」のような行動主義を採用するのがおすすめです。

 

ところで、「何をすれば成果が出せるのかわからなかった」のが原因で「成果主義」がダメだったのであれば、それを教えれば良いのではないかと誰もが思います。

そして、これについては、ニューヨーク市立大学のロドリゲス准教授の研究により、子供の学習の面倒を見る指導者や先輩がいる場合には、「成果主義」でも学力が向上することがわかりました。

私達伸学会が、まず「成果につながる勉強のやり方を教える」ことにこだわる理由がこれです。

受験をする上で、入試の成績で合否が決まるということは、自然と「成果主義」の中に放り込まれるということです。

子供達は誰もが「憧れのあの学校に合格する」ために「成績をアップさせたい」と考えます。

しかし、「何をすれば良いのかわからない」という子がほとんどなのです。

だから、私達は「問題の解き方を教えること」よりも、「正しい勉強のやり方」を教えることにこだわっています。

そのやり方は、一部ではありますがこちらの無料メールセミナーで公開しています。

子供に「正しい勉強のやり方」を身につけさせたい保護者の方達は参考にして下さいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る