トピックス

コラム目標勾配効果でやる気アップ&継続

pointcard
多くの企業でポイントカードが発行されていますよね。

コーヒーを買ってスタンプを10個集めると無料で一杯プレゼント!といったものです。

そういう無料券や割引券、あるいはちょっとした景品がほしくて頑張ってポイントをためた経験てありませんか?

こういった目標があるとき、人は目標が近づくほど、そこへたどり着くためにより多くの努力を払うようになるそうです。

これを「目標勾配効果」と言い、コロンビア大学のKivetzらの研究によって実証されました。

企業のマーケティングにおいて、様々な場面で活用されています。

 

そして、一度目標を達成して無料券をもらった後、2周目のサイクルに入って次の目標から遠ざかれば、人は努力を払わなくなると考えられていました。

ところが、慶應義塾大学の星野崇宏教授の研究(当事は名古屋大学の准教授)により、こういったポイントプログラムで一度加速した努力は、目標達成後も減速しないことがわかりました。
(参考:http://www.abef.jp/event/20121208/pdf/session/S20_2.pdf

2周目に突入以降も購買頻度は高いまま維持されていることが示されたのです。

こういった人間心理を子供の教育にも活用してみましょう。

 

ご褒美が子供の努力を引き出すことは前回のコラムで既に書いた通りです。

そして、その努力は目標に近づく程加速するでしょう。

しかし、1回きりのイベントで終わってしまっては、せっかく加速したものが終わった後に減速してしまいます。

だから、よくある「模試で偏差値○○を取ったら」とか、「今度の中間テストで○位以内になったら」ではもったいないのです。

1つ目標をクリアしたらまた次の目標、というように、マイルストーンを次々に設定してみて下さい。

そうすると加速した努力がそのまま維持されます。

 

伸学会でも、「行動主義」に則って、学習時間に対してご褒美を設定しています。

学習の記録を書かせ、通算勉強時間が100時間を超えるたびに、ご褒美にノートをプレゼントしています。
学習記録

IMG_3621

目標が近づくと、「もうちょっと頑張ろう」となり、クリアした後もそれがそのまま続くように仕向けています。

ご家庭でも、子供が努力を続けたくなるような仕組み作りができないか、工夫してみて下さいね。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡

普通の子でも成績が飛躍する勉強のやり方7日間メールセミナー

■資料請求・体験授業のお申し込みはこちらのメールフォームから

■面談のご予約はこちらの24時間面談予約から

コラムの一覧
小さいうちだからできる記憶力の高め方
なぜ好き嫌いが多い子は成績が上がらないのか
友達はよく選んだ方がいい科学的な理由
自分を知り自分を律する力
「先のばしぐせ」を封じ込めるには
「約束」が持つ力
脳を鍛えるのはブロック学習?ランダム学習?
頑張った後の反動の乗り越え方
脳が疲れたとウソをつく
厳しくすると意志が弱くなる
・人生を成功に導く「心の体力」
1.人生の成功を導く子どもの資質
2.自制心は何をすると消耗するか1
3.自制心は何をすると消耗するか2
4.心の疲れはこうやって回復させる
5.我慢強い子はこうして育てる
6.1つうまくいけば全てがうまくいく
目標勾配効果でやる気アップ&継続
ご褒美の与え方:成果主義と行動主義
やる気の源「自己効力感」の育て方
プロが教える 子供に伝わる話し方
簡単なことから始めよう
長時間集中できなくても大丈夫!(コラムLatte)
休憩時間を短くさせ、すぐに勉強再開させるためのコツ(コラムLatte)
脳科学が解明した学習効率をあげるための公式
遊んでから勉強した方が成績が上がるってご存知ですか?(コラムLatte)
成績が悪いのは宿題を片付けるのが早すぎるからかもしれないですよ(コラムLatte)
子供が勉強しすぎて困っているお母さん必見!子供を勉強嫌いにする方法(コラムLatte)
偏差値で大学を選ぶのは正しい!~出典:大阪経大論集第64巻第1号(通巻第334号)2013年5月~

 最新のお知らせ一覧へ戻る