何のためにあなたは叱るのですか?

先日東急ストアに買い物に行ったときのことです。

子供が駄々をこねて泣いているところに遭遇しました。

どうやらお菓子を買ってほしいのに、お母さんにダメと言われてしまったようです。

これ以上泣いて騒いだり、癇癪を起こして商品を投げたりしたら、お店や周りのお客さんにも迷惑になってしまいます。

大丈夫かな、とハラハラしました。

自分の買い物があったのでその場を離れたため、それからどうなったのかはわかりません。

あのお母さんはあのあとどうしたのでしょうか。

 

自分が折れてお菓子を買ってあげればその場は収まりますが、「泣けばわがままが通る」ということを学んでしまうかもしれません。

でも、折れなければ子供はますます暴れだし、周囲の迷惑となってしまうかもしれません。

どちらに転んでも望ましくない状況。

こんな状況になったら、あなただったらどうしますか?

 

他にも、テレビの時間、ゲームの時間で、また子供ともめそうになったとき。

宿題のことで子供とケンカになってしまいそうなとき。

何度も何度も同じことを言ったはずなのに、また同じことを言わなければいけないとき。

子育てをしていれば、こういった困難な状況はきっと避けることはできません。

だとしたら、これらは子どもを成長させる機会なんだと考えるしかありません。(そうでなければやってられませんよね?)

そこで、こうしたときに子供に対してどうふるまうかは、あらかじめ考えて作戦を立てておきましょう。

教育は場当たり的に行うよりも、目的意識と行動計画を持って行う方が効果が高いものだからです。

また、そうでなければ、教育を行う側も感情に流されやすくなってしまうからです。

だから今、確認しましょう。

子供が望ましくない行動をとったとき、あなたは何のために叱るのですか?

 

短期的な目標としてはその場を収めること。

長期的な目標としては、その行動が不適切な理由を子供自身が理解し、適切な行動を選択できるようになることです。

ここで確認しておきたいことは、「思い知らせること」は目的ではないということです。

実際、近年の様々な科学的な証拠は、厳しい罰は教育的な効果が低いということを示しています。

しかし、子供の不適切な行動に対して感情的になってしまうと、それに流されて「思い知らせること」に意識が向かってしまいがちです。

ですから、先に確認しておきたいのです。

正しい行動ができないとひどい目に遭うぞ。
私を怒らせることをするんじゃない。

あなたが教えたいのはそういうことでしょうか?

いいえ、きっと違うはず。あなたの目的は「学ばせること」ですよね?

例えば
・何が正しい行動かを判断する価値基準
・自分の行動を自分で監視する能力
・自分の衝動を抑える能力
・責任ある行動をする能力
・自分の理想の未来を思い描く能力
などなど

あなたが子供に学ばせたいことはどんなことですか?

あなたにとって、子供をこういう風に育てたいという理想はどんなものですか?

今確認し、いざというときにはそれを思い出してください。

そうすれば、「どうやって教えるのがいちばん良いか」を考えて実行することができますよ。

 

文責:伸学会代表 菊池洋匡


ところで、どうやって教えるのがいちばん良いか、興味はありますか?
それは子供の脳内に「つながり」をつくってあげることだとわかっています。
ここ20年ちょっとの年月で、科学者達は脳がどう働くかについて驚くほどたくさんの情報を見つけてくれました。
「学習法」などの分野と同じく、「しつけ」の面でも、新たにわかったことは多いのです。
その「つながりを作るためのしつけ」を行えば、私たちの言葉やとる行動によって、子供が新しい経験をすればするほど、子供の脳は本当に変わり、育っていくのです。
この「子供が伸びるしつけ」について、保護者セミナーを開催します。

第8回 親ゼミ
日程 10月8日(日)
時間 14:00~16:00(受付開始13:30~)
会場 緑ヶ丘文化会館(http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/kyoiku_shisetsu/midorigaoka/)
東急自由が丘駅から徒歩5分
定員 29名
参加費 2000円

Webサイトでは9月21日から参加者の募集を開始します。
参加をご希望の方は、もうしばらくお待ち下さい。